魔法の10秒美容

フィトステロールズはどんな成分

shutterstock_400379908①成分説明
フィトステロールズは、植物性の抽出成分で、分析すると「フィトケミカル」と呼ばれる成分の一種です。水に混ぜても溶けることはありませんが、アルコールに混ぜると溶けるという性質があります。
利用は、化粧品だけでなく医薬品や食品への添加物などにも利用されています。安全性は高いほうだといわれていますが、光に過敏となる場合もありますので、光アレルギーなどを持っている人は注意が必要です。もともとは植物由来ですので、基本的には肌に優しい成分として知られています。
化粧品としての効能は、アンチエイジングに高い効果を得られます。フィトステロールズ自体には細胞膜を形成するという効果がありますので、これを利用して、細胞を保護させ、肌ストレスの軽減などに努めてくれるというのです。フィトステロールズを用いた化粧品は、粘度が高いので美容液やクリームなどの補助剤としても使われています。

②成分分析・この成分の一般的な用途
油剤、エモリエント剤

③特長・お肌への働き
細胞膜を形成することができる成分を持っていますので、壊れてしまった角質や肌の細胞を形成して整える効果を期待できます。

■肌の崩れてしまったバランスを整えて、きれいな肌へと変えていく効果があります。

■通常では戻りにくい年齢経過での肌劣化を整えることで、アンチエイジングを期待することができます。

■粘度が高いので肌での伸びもよく、扱いやすい化粧品となります。

④成分効果(箇条書き)
アンチエイジング/細胞膜の形成/細胞の保護

フェノキシエタノールはどんな成分

①成分説明
フェノキシエタノールは、化粧品の酸化を防ぐ効果を持つ成分として知られています。似たような成分の分析があるものとしては、パラペンやブチレングリコールと呼ばれるものも同じような効能を持っています。
しかし、パラペンには人体に少なからず害があるといわれており、その代替品としてフェノキシエタノールが用いられるようになってきました。最近では「パラペン無添加」と書かれた化粧品が増えているのも特徴です。
フェノキシエタノール自体は、少ない分量でもしっかりと防腐効果を発揮してくれるので、肌にもいいところがたくさんあります。
しかし、フェノキシエタノール自体にも有害物質は存在します。パラペンほどではありませんが、人によっては刺激が強く感じてしまい、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
多くの化粧品や日用品に取り入れられるようになったフェノキシエタノールですが、始めに相性を確認してから利用した方がいいでしょう。特に小さい子供や敏感肌の人は注意が必要です。

②成分分析・この成分の一般的な用途
防腐剤、溶剤、高沸点溶剤

③特長・お肌への働き
フェノキシエタノールは防腐剤や溶剤などの効果があります。殺菌作用などもあり、多くの化粧品に用いられています。

■防腐効果があるので、化粧品の品質を落とすことなく、最後まで同じような効能で化粧品を使うことができます。

④成分効果(箇条書き)
防腐効果/殺菌作用/溶剤

PR:ビキニライン脱毛を考えている人はいませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2016 魔法の10秒美容 All Rights Reserved.